書評<「ザ・マネーゲーム」から脱出する法>の欠落と信じるものは脳科学でもスピリチュアルでも救われる。

ふと気になって、ロバート・シャインフェルド読みました。

著者は結局「ザ・マネーゲーム」からは脱出できなかったらしく、
巨万の富を築いた後、
離婚、うつ病、破産、白内障手術失敗など、
正負の法則ロイヤルストレートフラッシュみたいな技を食らったらしいです。
 
読んでみて、その理由もよくわかります。

 
で、その前に、
信じるものは脳科学でもスピリチュアルでも救われる。
という話。

脳科学的にはどんなにデタラメな宗教でも、
本気で信じていれば、病気を治すくらいのご利益はあるそうです。

まさに「信じる者は救われる」です。

脳科学なら潜在意識、
宗教なら神様、
スピリチャルなら宇宙とか、

ワタクシの立場としては、
どれでもいいっすよ、信じて効くなら。
科学もスピリチャルも宗教のいちジャンルとみなしても問題ないし。
 
ただですね、
いちいち理性で合理的な説明できてから、腑に落とすって、
プロセスが多くて面倒くさいです。

で、ボクは遠い世界で生まれて、輪廻を含む旅を続けていて、
今生はこの環境を選んで生まれた。
魂を成長させるために。あえてこの不自由な環境を。
魂の成長は神様の意思でもあるのだから。

とりあえず、そう納得しちゃうのが、一番カンタンです。
私の場合は。

なので、それを選択します。
こんな感じで、

科学教の信者は脳科学で説明すればよろしい。

思考(理性)、心(感情)、魂(直観)と言うのも、 
大脳新皮質(人間脳)、大脳辺縁系(哺乳類脳)、脳幹(爬虫類脳)で説明するも一緒です。

 
 
で、 
「ザ・マネーゲーム」から脱出する法についての感想。
1.この世は幻
2.お金と感謝
3.負の感情の対処
4.「脱出」の前後

以上の4つに分類してます。

1.この世は幻
 仏教はじめ、宗教でも哲学でも、いにしえより、
 散々言われてきてることなので、目新しさはありません。
 色即是空つーか、般若心経でも写経した方が悟りを得られるのでは。

2.お金と感謝
 斎藤一人さんで、充分です。
 神様というか宇宙というかはま、好みですし、
 ひとりさんの方が、親切で分かりやすいとは思います。
 ここも別に、他で充分って感じです。

3.負の感情の対処
 すべての負の感情を味わい尽くすのは無理ですから、
 特に気になって何度もフラッシュバックするものだけ対象にしてそれが限界ですけど。
 感情を自分で認めてからの昇華って図式は大体一緒です。

 感情の手放しの方法は、いろんなのありますけど、
 ボクはこれが一番有効でした。

 昔から恨んでるクソ野郎でも、昨日電車ですれ違ったヤカラでも、何でもいいんですが、
 感情のままに書き出す。気が済むまで書き出す。
 この間は「学び」禁止です。

 で、
 ボクの場合は書いてるうちに、その感情が抑えるのでなく自分で認められて、
 自然と学びの意味とか見えてきて、なんか納得して、気が修まります。

 また、フラッシュバックしたら、その感情をノートにぶつけます。怒り爆発です。
 恨んだっていい、憎んだっていい。(心屋さんっぽく声に出します)
 (人によっては)妬んだっていい。

 余談ですが、
 実はボクは妬みという感情はあまりわかりません。
 不公平な評価には怒りと悲しみを感じますし、
 勧善懲悪はスカッとします、
 メンタリストDaiGoさんがTBSのプロデューサに仕返しするとか。

 ただ、
 自分に利害関係ない人に良いことがあっても、
 「良かったね」以上の感情は湧きません。だって関係ないもの。
 投資だと分かりやすいですよね。
 他人の成功はどうでもよく、
 自分が自分の対象とするものに向き合うだけですものね。
 株でも不動産でも、孤独ですが、関係ないものは関係ない。
 奪い合いのように見えても、10年に一度のチャンスは毎週やってきます。

 関係無い人の足引っ張ろうとするの見ると、
 日本で暮らすの嫌だなぁって、素直にそう思うだけです。

4.「脱出」の前後
 執着を捨て、本来の自分を取り戻して、
 感謝で自分を満たし、他者の幸福に貢献することで、
 富の循環が回りだすという仕組みですよね。
 
 宗教でも、斎藤一人さんでも、いいんじゃない。
 散々言われていることなので、
 
 ただ、シャインフェルド氏には致命的な欠陥があります。

富の循環が達成(ゴール)だと思っていること。は欠落です。
この世はやっぱ、ディズニーランドじゃなくて、学びの場だよ。

自己を解放して、富の循環を得るってのは、陽の学び。
で、
この世はディズニーランドだから楽しめばいいって思ってると、
物理的にも作用反作用の法則で出来てますから、
おろそかだったら、陰の学びが始まるようです。

山高ければ谷深しって、ローソク足と一緒ですね。
国士無双みたいに牌揃えた。
ま、それでも、「絶対幸せ」ならそれでいいですけど、
 
個人的には陽から陰はキツイ。その順番は嫌だ。
陰から陽の方がずっといい。

正直、同じ内容は他で学べるし、彼から学びたいとは思わない。
「絶対幸せ」が解脱のようなものなら、なおさら他で学びます。
わたしゃ、このロバートさんは遠ざけたいなぁ。
他で救済されます。
 
ま、
自己解放(ブロック解除)だけでも、
富の無限の循環は発生するかもしれませんが、
お金の知性もEQもないとどっかでハンドリング効かなくなって、
暴走すんじゃねえの。

現物株やる前に空売り学ぶように、
制御系の機能は手に入れときたいものです。

では。

カテゴリー: 2019, 幸福, 書評、映画評など タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*