コロナ終息まで日本に居ます。 2021.04.20

移動も出来ず、目新しい情報発信は出来ませんが、                    東京で幸福になれるよう、苦しみを減らすことを意識しつつ、               趣味のブログを続けています。            

カテゴリー: 未分類 | コメントする

悔いなき選択を貫いて! 丸山奏子の打牌批判に思う。 「サムライ」「私をくいとめて」「長いお別れ」

Mリーグセミファイナルは架橋で、金曜も丸山奏子プロの打牌批判で湧いた。 ・チーム敗退による入れ替えでは、自動的にクビ・レギュラーシーズン最低試合数の10戦で、先輩より活躍しないとクビ回避できない・トップを取ると、試合数が増える可能性がある・楽屋では先輩の顔を立てる という条件戦を一人やってるので「経験不足」じゃなく「誰もが未経験の戦いをしてる」 https://t.co/VjgxnB9rZD — ウヒョ助/塚脇永久 (@uh … 続きを読む

カテゴリー: 幸福, 書評、映画評など | コメントする

ゆたぽんに大事なのは、どう愛されているかじゃないの? 大切なことはそんなには無い。「レッドファミリー」「オッドタクシー」「ゴーンガール」

親が将来恨まれるかどうか、というサムネに惹かれて観ました。 IQが伸びるのは、「同世代と」なのか「多くの人と」なのか、どうなんでしょう? 本当はそこまで、小中学校を肯定するようなデータじゃない気がします。    基本、 本人の意思でいいし、 生きてゆくために学力つけたいなら手段はあるし、 ですが、   愛され方で、将来の親子関係決まる。 それに比べたら、あとは大した問題じゃない。   生きてゆくに必要なこと、シアワセに暮らせること、 に … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする

庵野秀明は指揮官として無能か? シンエヴァ続報から読み解く。

舞台挨拶から察するに、 クリエーターとしてでなく、CEOとしても有能かもよ。 シンエヴァが無能だらけなのは、客層を考慮した敢えてかも。 と再考したので、メモ。    呪術廻戦がエヴァに寄せすぎで話題になってましたが、 新しい用語増やして、新しい設定作ってくのは興醒めしてしまう。  そんなんオマエのさじ加減やろ! って、脳がツッコムのでお話に集中できない。   進撃に私が影響受けすぎですね。  ああ、あの設定はここにつながってるのか! と … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

クラウゼヴィッツ戦争論の視点で進撃の巨人最終回を読む。今、ワムウな気分で一週間待っている。

進撃の巨人最終回への低評価の意見について、  もっともなもの、共感できるもの、  逆にあまりにトンチンカンだと思われるもの、 2つ我あり。 ダメな方は無視して、一理ありそうなもの。     コードギアスと同じという批判もあるようですが、  私はコードギアス知らないので、なんとも言えません。  【追記 ググったところ、      主人公の死で世界平和&差別撤廃エンドらしい。      進撃はそんなシアワセなエンドは描いていない。】    … 続きを読む

カテゴリー: 勉強法, 書評、映画評など | コメントする

「進撃の巨人」完結記念(ネタバレ全開)。シン・エヴァ卒業生の気持ちがちょっと分かった。JoJoネタも少々でやっぱ毒親育ちは歪むねぇ。

00:00をドキドキしながら迎えました。 マガポケ私はすんなり繋がりました。 「ミスト」のようなバッドエンドという噂もかつてありましたが、 お花畑なハッピーエンドにならない、 ギリギリのニュートラルなところ突いて来ましたね。 想像よりは、ずっと普通でした。   しかし、清々しく綺麗に終われてよかったなと、 エヴァ卒業生も、こんな感じなのかなと、想像してしまいました。 兵団のメンバー全員、ちゃんと成仏させてるからですかね。生き残りも。   … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする

特撮ファンは地上波で流せるような仮面ライダーを白石監督が撮ると思ってるのだろうか? 「孤狼の血」に寄せてきそうな予感。現場の雰囲気が伝わる。

前回までで、庵野監督関係、一旦小休止。 白石和彌の仮面ライダーNoir。 世の中の期待度が低すぎませんか? シン・仮面ライダーに比べて。   発表媒体が決まってないとのことですが、  白石監督が、子供に見せられるようなライダー作るのでしょうか?   という点が個人的には最大の期待。 どうも特撮ファン、ライダーファンは、 どんな映画撮る監督か、分かってないな。    大人向けとは、 地上波で流せないR指定のライダーになる含みではないか。 … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

宗教は麻薬。逃げちゃだめは呪いの言葉。今日も一日一白石和彌。鬱は止まれのサイン。

ひきつづき、一日一白石和彌です。 悪の組織は、北海道警でも、神奈川県警でも、よいわ。 やっぱ資金源は白い粉ですね。 中村獅童良かった。 ピエール瀧は相変わらず良かった。 起用して欲しいな白石監督。 ただ、 途中まではアガるんですけど、転落からはテイスト変えて欲しかったかな。 正義の味方綾野剛が最後まで、一本調子過ぎたかも。 クスリやってる白髪交じりの老いはちょっと無理気味か。   この映画は日活と東映の共同配給なので、 それから東映とい … 続きを読む

カテゴリー: 幸福, 書評、映画評など | コメントする

エヴァンゲリオンやアニメに興味ない特撮(鉄道も)ファンもいるんだよ。シンエヴァの見方は2つあり。

前回に続き、 仮面ライダーNoirにピエール瀧出るかなぁ。無理かなー。 悪の組織ってどんだけ悪いんだろう、拉致や洗脳メインだけど、 白い粉が資金源じゃないかな。ピエール瀧見たいなあ。   白石和彌監督作品をアマプラで観るのですが、ヘビーなので連続はキツイ。 なので、他のこと書きます。 山田玲司のでも、最後の方の戦闘シーンを、  虚構であることを認識させる。 演出って、解釈です。   それはそうだけど、 それは、卒業式に参加してるエヴァフ … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

仮面ライダー50周年記念企画発表に寄せて。 父殺しといえば、「カラマゾフの兄弟」思い出し。

衝撃的な発表でした。 風都探偵のことはよくわかりません。   白石和彌監督という時点で、私には衝撃でした。 地上波では当然流せないようなノアールな内容でしょう。 完全リメイクなら連続もので配信か。 これは期待大ですね。   それすら霞むような、白倉Pからの発表でした。 前回はシン・ナウシカかと予想してましたが、 いやー、 まさか、このタイミングでシン・仮面ライダーとは。 良かったですね。おめでとう!  エヴァの呪縛が解けて、夢いっぱい。 … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする

シン・エヴァは面白くなくても映画館で観ておいた方が良い。若干才能の無駄使いな気も。

鍵の返却の連絡を受けた後は、どこまで手を入れるか、管理会社さんと相談します。 新たな内見を迎えるにあたり、悔いなき準備はしておきたい。   久しぶりの経済活動、せっかくの外出なので、 それから、IMAXで「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」観ました。前回宣言のとおり、 吉田大八監督は我慢しました。   最後の記号 :|| は、ここから原点回帰の意ですかね。 始まりが自主制作のウルトラマンなら、シン・ウルトラマン観に行きます。     … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする