コロナ終息まで日本に居ます。 2021.04.20

移動も出来ず、目新しい情報発信は出来ませんが、                    東京で幸福になれるよう、苦しみを減らすことを意識しつつ、               趣味のブログを続けています。            

カテゴリー: 未分類 | コメントする

徹底的に説明されて、考えさせられる余地は無いが「不滅のあなたへ」講談社は大衆とアートのバランスを掴んだ?! Dr.ヒロに学び、「インベスターZ」に癒やされる。

勧めされて、「不滅のあなたへ」視聴。 1話目から「渡る世間は鬼ばかり」ばりの説明セリフとナレーション。 低評価をつける人の理由は分かった。   この内容で、わかり易い大衆性にここまで寄せるのか? 原作1話目もマガポケで読んだが、アニメは忠実な再現だった。 逆にさすが、NHKの予算のクオリティ。   ジャンプと比べてマガジンは壮大な物語が得意だ。 これは、作者の特質なのか、編集部のメソッドの確立なのか、 「東京リベンジャーズ」の成功みるに … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

利用されて捨てられる「フリーガイ」自由意志イェーイでいいのか?  「座頭市物語」と比較して観てしまった。

絶賛されるほどなのかと、「フリーガイ」。 いや、モブだからとか主人公だからとか、そこは関係無いと思うよ。実は。 敵役はMCU同様に相変わらず記号で、  ライアン・レイノルズは色仕掛で利用されて、ラスト捨てられてるけど、  AIが自由意志を獲得出来たから、能天気にイェーイでいいのか?   同じく、TOHOシネマズで観た「座頭市物語」デジタルリマスター版。  味方でも悪人を善人に描かない。  敵役も魅力ある人物造形。  CGやワイヤーで誤魔 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

発達障害の人に会ったよ。元母みたいだった。今はカサンドラにならず撃退出来る。「Sonny Boy」9話と「私を振り回してくるあの人から自分を守る本」

運悪く発達障害の人に関わってしまったら、 距離置いて、関わらない方がいいと思うんですよ。 私の経験では、百害あって一理なし。というか、被害が深刻なので、 カサンドラ症候群で悩んでも、結局解決出来ないし。 それは自分の”しごと”だろうか?   技量も知識も無いので専門家におまかせします。  ただ、降りかかる火の粉は遠慮せずに払います。 ようやくそれが出来るようになりました。 私もタイトル回収。      ところで、毎週楽しみにしてる「So … 続きを読む

カテゴリー: メモ, 家族, 書評、映画評など | コメントする

全部面白い「ベイビーわるきゅーれ」 もっと話題になって当然なのに、広告は映画館に足を運ばせるのが仕事。

阪元裕吾監督は25才で、「ベイビーわるきゅーれ」公開。 完成度がものすごく高い。とにかく淀みない。    見せ場をたっぷりしっかり魅せる。  説明でダレない。無駄がない。  会話が上手、キャラの実在を感じさせる。  演技が自然、顔芸演技はさせない。  脚本が自然、強引さを感じさせない。   どこかで、違和感が気になってしまう映画も多いのですが、 まったくそれがない。 この映画は、違和感なく、95分間ずーっと没頭させてくれる。   単に淀 … 続きを読む

カテゴリー: テクニカル, 書評、映画評など | コメントする

虚構の中の嘘と真実「鳩の撃退法」 意欲作なのでもっとヒットして欲しい。ヒットするための仕掛けだし。

「閃光のハサウェイ」にモヤッとし、「鳩の撃退法」でスッキリ。 その差は、虚構の中での嘘のつき方でした。 そういえば、「クレヨンしんちゃん」も納得ゆかないのはそこ。 一見さん相手でも、気持ちよく騙してほしい。 テロでもエリートでも、主題の描き方で違和感感じてしまうと乗れない。   そこでモヤモヤして連投。 「鳩の撃退法」は意欲作で驚きました。 メジャー系なのに、こんなことやるんだ。観る人を選びかねない。      いやー、予告編で「デスノ … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

「愛のくだらない」 アンビバレントな才能と、幸福な人間関係は創造の敵

佐久間Pにまんまと乗せられて、新宿夜9時雨の中、わざわざ観にゆきました。 佐久間さん!!たしかにあのときびっくりして口パクパクしちゃった… #佐久間宣行ANN0 #愛のくだらない 9.2までです — 野本 梢 (@jonyfulkozue) September 1, 2021 全国公開が決まったそうで、無理しなくてもよかったな。 9/2までと急がなくても。 観て後悔はないけど。 新宿テアトルほぼ満席だったので、もっとゆったり … 続きを読む

カテゴリー: 幸福, 書評、映画評など | コメントする

「閃光のハサウェイ」は職人仕事とガンダム世界でテロ描く無理ゲー。「逆襲のシャア」「東京リベンジャーズ」 投資は創業者が現役のうちと教わった。

創業者に投資せよと、昔習いましたが、その理由が分かりました。   昨日の早朝「閃光のハサウェイ」観てモヤモヤ。 それから佐久間Pお勧めの「鳩の撃退法」を続けて観てスッキリしました。 「鳩の撃退法」面白くて、意欲作なのですが、その前に、    意欲は買わないけど、職人仕事は立派。 という感想を得た「閃光のハサウェイ」。 作り手はちょっと気の毒。随分気を使ってるんだな。 創業者が第一線を退いたソニーって、こんな感じだったんじゃないかな。 優 … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 書評、映画評など | コメントする

今の志とクオリティ「クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」 新たな挑戦と努力信仰への着地。

名作の誉れ高い昔のクレしん映画だけで、山田玲司批判も良くないかと。 もうすぐ公開終了してしまうので、昨日観てきました。 「ロボとーちゃん」と同じ高橋渉監督だし。 評判もとても良いし、ミステリーという新たなジャンルへの挑戦らしいし。    テーマの深堀りがないと、感動も表面的、これは日本映画全般の問題か。  チャレンジは拍手だけど、マイナス面もある。  制約の中、志は生きている。質は予算やスケジュールの問題も大きいみたい。   前評判のよ … 続きを読む

カテゴリー: 心得, 書評、映画評など | コメントする

Daigo炎上と優劣差別と「言ってはいけない」。遺伝についての映画「そして父になる」「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」「幼い依頼人」 Daigoの人間不信に言及するだけの人は人の心理を解さない。

Daigo炎上の件再び。 問題なのは差別と偏見を助長するような発言。 で、遺伝と優劣について橘玲を改めて読んだ。  タブー視しない、サイエンスな視点。   私は、優劣による差別に反発する心情は、理解する。  たとえ普段セーフティネットに冷淡な人が、Daigo叩きに熱心でも。 社会的弱者のことでなく、我がこととして刺激された感情が彼らにある。    遺伝については、私も心動く対象もある。映画に仮託してみた。   そして、 Daigoはもう … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

「サマーフィルムにのって」は実写版「映像研には手を出すな!」に文句は野暮。山田玲司のドラえもん映画批判の一般化も同様。

インディーズ系とメジャー系は一緒くたには語れない。 メジャーでもドラえもん映画に不快なら、「クレヨンしんちゃん」観ればいいのに。 無理な一般化で自分の不満を仮託するのは、感心しない。   充分な選択肢はあるのだから、 作り手の情熱感じたいなら、情熱の乗った映画を選ばんと。 それはエンタメに限らず、消費者側のリテラシー。     佐久間P推薦の映画朝イチで観てきました。 カンペもありがとうございます🌻 pic.twitte … 続きを読む

カテゴリー: マネー、経済, 不動産投資, 書評、映画評など, 目的、投資スタンス | コメントする