コロナ終息まで日本に居ます。 2021.04.20

移動も出来ず、目新しい情報発信は出来ませんが、                    東京で幸福になれるよう、苦しみを減らすことを意識しつつ、               趣味のブログを続けています。            

カテゴリー: 未分類 | コメントする

晩年と狂気「夢」「ノスタルジア」「花筐/HANAGATAMI」 歳を取ったらもう自由でいたい。

「ノマドランド」観て、晩年の過ごし方について、考えさせられる今日この頃。 いかがお過ごしでしょうか、私は相変わらずです。   部屋で映画三昧の日々です、 前回の続きで、狂った晩年の作品に興味惹かれるのですが、 ジブリ作品は配信で観ること叶わず。 ポニョは一番狂ってるらしいから、観たかったのですが。    そこで、  死後評価が確定ぎみで、  晩年が気になるもの観てみました。   黒澤明、タルコフスキー、大林宣彦。 晩年変わる人、変わらな … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

これが退屈だ! ヴェンダースはクロエ・ジャオの比ではない。「ベルリン・天使の詩」「夢の涯てまでも」「パリ・テキサス」

お詫びと訂正。 前回は、 「ベルリン・天使の詩」が当時、大変話題になったのに、 日比谷シャンテの単館公開だったことに触れました。   それは当然でしたね。全う至極。 逆に、退屈とは何かを思い出しました。    【ミニシアター系のサブスク】ザ・シネマメンバーズで、 ヴェンダースの4作品配信を知り、 早速観てみました。 パソコンの外部接続ディスプレイの方式によっては映らないことあり、 残念ながら小さな画面で観ました。     クロエ・ジャオ … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする

「ノマドランド」想像してたのと違う! 退屈はしない。むしろドラマ作り多め。分かりやすく盛り上げる。

この時期に突然の退去が出て、頑張らねばという今日このごろです。 久しぶりに出かけまして、ついでにようやく「ノマドランド」観ました。 映画館で観ておきたかった。機会を得てホッとした。逃さないで良かった。    スクリーンなので没入しやすい、退屈する余地は全く無かったですね。 むしろ、もうちょっと長くノマドな生き様を観ていたい、と終わった。 しかし、想像してたのとは、違った。   フィクションなドラマ作り多め、 分かりやすく運んで、盛り上げ … 続きを読む

カテゴリー: ライフスタイル, 書評、映画評など, 未来・天国編 | コメントする

銘柄分析と同じく。生い立ちから調べようとした。ヒッチコック最後の黄金期「めまい」「サイコ」「鳥」

前回「ファミリープロット」を観て、改めてヒッチコック観たくなり、 1960年代、ヒッチコック最後の黄金期の3作品を鑑賞。   日本なら、宮崎駿。 のような、何か歪んだ女性観を感じるのですが、 幼年期にどう歪んだ結果、あのように性的偏愛が作品に投影されるのか? が気になって、  銘柄分析で経営者の生い立ちから追うように、 巨匠の生い立ちも知りたくなりました。     やることは一緒です。  ネットの情報を検索し、   書籍が見つかれば、読 … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

ワンハリ後、観たくなった映画。「ラスト・ムービースター」「ハンター」「ファミリープロット」あるいは、軽いさよならの美徳。

前回、「ワンス・アポン・ア・タイム」観て、興奮してしまいました。 いろんな映画体験、というよりTVの洋画劇場の体験多数思い出し、 観たくなった映画立て続けに観ました。 はい、ただレビューします。   3本とも、ワンハリから連想した作品で、かつ誰かの遺作です。 そして、それだけじゃない、共通の特徴があり、感慨深いものでした。 それが、ワンハリの感想で光と影を強調するものに、 違和感を感じる理由でもあります。 浴びた光の強さと、去り際の影は … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

ディカプリオの艱難辛苦を追ってたら、ひとりワンハリ祭り。「レヴェナント」「ディパーテッド」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

引き続き、イニャリトゥ監督に興味持ち、「レヴェナント」観ることにしました。 そこから、ディカプリオに興味惹かれ、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に辿り着く。 タランティーノのイメージを覆す衝撃の、映画の記憶喚起映画でした。   あまりに魅了されてしまい、今日はそれだけ書き記します。   「レヴェナント」「ディパーテッド」とディカプリオの変遷として観て、 その不満な点と、その理由も知る。 記憶が感情を作っている。多分人格も … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

マーベル関連で働くことの映画見る。 仕事に誇り持てないなら辞めた方がいい。「シェフ」「バードマン」「ザ・ライダー」

暇にかまけて、映画見たり、 理を説いても無理な人に関わってしまったり、 して過ごしています。     中でも、 マーベル関連で、働くことについて考えさせられる映画レビューします。  重圧や無理難題がイヤで監督降りた人、  MCUに批判的な人と気にしない人、  今度MCUの監督に抜擢された人、 いろんな人間模様があります。 まあ、仕事は楽しいだけじゃないけどさ、 なるほど、漫画家だからバカにされてると思ってるんだ。 それは意外な新発見。根 … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

進次郎入院とマーベル信者、熊田曜子と幡野広志。から連想する。自分の正しさ信じずに投票する必要。

何も言わないのは多数派に投じたのと一緒。    ドイツでは、ナチスの台頭を許した反省から、  YesNoの立場表明を積極的にするよう、子供のころから教育されると、 ひろゆき動画で言ってました。 いい切り抜き見つけられなかったのですが、 そういうことって大事と再確認。 前回書いた、マーベル信者さんの件でも引っ掛かっていた。   流石にちょっとな。  この件は、小泉進次郎嫌いでも、 マスコミのやり方に嫌悪感覚える方が多数派みたいです。 それ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

信者ビジネスを学ぶ、Mリーグとアベンジャーズのファイナルから

Mリーグも優勝が決まり、ルールに対する不満がSNSで噴出してます。 結果が受け入れられず、イチャモンつけてるだけ。 にしか見えないとも言えるのですが、   整合性に欠けたを発言を見掛けると、 ああ、信者の獲得の成功してる。のかなと、   藤田晋社長の野心的な挑戦が実を結びそうで、 余計なお世話ですがなんか安堵してしまいます。     中でも、 選手を連闘させて負けたチームのファンが、 ルールとしての連闘規制言い出すのは、微笑ましい。   … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, メモ, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

五輪中止は賠償金の覚悟。マーベル成長記は911からの自警の権利。「マイティ・ソー バトルロワイヤル」「 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー/エンドゲーム」 義務、責任、権利、自由の区別出来できる人になる。

義務、権利の区別出来できる人になろう。と意識しましたのでメモ。 それら区別が苦手な人と、意図的に混同させようとする人が、 この国には居る。みたい。     アベンジャーズは正義を謳ってないよね。 秀吉の時代に刀狩り、令和の時代に憲法9条をおしいただく、 そんな国の感覚とは、そもそも違う概念があるのに。 開催地には開催の義務があり、中止の権限が無いこと無視するが如く、   そこは混同しちゃいけないね。  報復が善(正義)だとは言ってない。 … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする