ファンダメンタルズ」カテゴリーアーカイブ

良いワンマン、ダメなワンマン 「令和の虎」から学ぶ成長株投資

岩井社長vs沓名社長で、ネット界隈で炎上してるらしいです。    ことの事実関係は一旦おいて、 冬真社長は当然とは言え、優れたトレーダー気質の持ち主。   おこがましくて申し訳ないですが、 トレンド転換見切って、ここで最低でも、買い方のポジション手放せないと、 経営者としての意思決定としてもダメでしょう。 売りポジション(沓名社長支援)に回るかどうかは別として、 岩井社長側とは切れないと。        暇に任せていろいろ、関連動画見た … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ | タグ: , | コメントする

兵隊さんに、戦略は語れない。 投資スタンス、投資戦略、戦略の優位性を探ろう。

今日は、 ファイナンシャルアカデミーの無料の勧誘セミナー出てきました。 まあ、得るものなくても、たまには外出せんと。   セミナーのせいじゃなく疲れました。 電車乗ったせいでしょうか。 神様に存在給上げてもらって、タクシー移動にしてもらいましょう。   気が悪いのは、判断に悪影響ありますので。  気の良い場所で過ごさんとね。     それはさておき、  フロントエンドのセミナーなので、 講師の方は、兵隊さんでした。 ファンダメンタルズで … 続きを読む

カテゴリー: セミナー、勉強, ファンダメンタルズ | コメントする

think differentと起業家精神 「串カツ田中」違い研究 

ブログの後、串カツ田中行ってきました。 日曜日の夕方、店内のテレビに「ちびまる子ちゃん」の時間帯。 ファミリー層いっぱいでした。 予約なしの団体客は断られてましたね。   個人的には、ゆでピーナッツが嬉しい。ベトナムの日々を思い出します。 実は、 最初に興味持ったのは、坂本さんの動画からでした。 全店禁煙でファミリー層を狙ったポジショニング。 通天閣を思い出す店構えにも、 単なる内装費削減ではないコンセプト重視を感じます。   で、  … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | タグ: , , , | コメントする

違いを生み出してる違いに気付ける人とそうでない人の違い <書評>「なぜ崎陽軒のシウマイは冷たいのに売れるのか? Think different 30 売れ続けるヒット商品を読み解く」

think differentは身近なサービスの中にもあるという本。 ただ違うだけじゃなく、「違いをもたらす違い」(by ジェームズ・スキナーほか)のお話。 「違いをもたらす違い」は、 NLPのウイニングエッジが元ネタでしょうかね。 斎藤一人さんの「微差力」にもかぶります。 マーケティングに寄せれば、USPとか、ポジショニングでも説明できますが、 そんなことより、       新幹線に乗って、シウマイ弁当食べたときに、 冷めても美味しい … 続きを読む

カテゴリー: 2019, ファンダメンタルズ, 書評、映画評など, 株式投資 | タグ: , , | コメントする

ローソンGoは買いか? 無人化前夜の日本で、費用対効果

要らない仕事をしている人が多いbyホリエモン  昔のタイのドアマンの例は分かりやすい。 自動ドア導入するより人雇った方が低コストだから、ドアマンがいる。 無人化が進むかどうかは、費用対効果の問題に過ぎない。   ファンドマネージャーのAI化とかは、 開発費掛けても、動くお金の桁が違うから、最初に起こる。 銀行が手数料ビジネスに変異しようとしてうまくゆかず、リストラ進めてるけど、 融資審査とかAIでいいじゃん。あの人達なら。 機械の弱点は … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 未来・天国編, 株式投資, 社会変化 | タグ: , , , , , | コメントする

マイケル・ガーバーは、この本から読み始める。 「書評」 <起業の神様マイケル E.ガーバーに学ぶ 成功への10原則>  友人に薦めて、自分の課題に気づく。

マイケル・ガーバーは、この本↓から読み始めるのが良いと思う。 最初にマインド、次に技術の順番で。     ワタクシ、会社辞めて独立したときは、起業するつもりでした。 結局何もできず、事務所たたみました。 営業も、人材育成もマネジメントも出来ない「職人」でした。 無能でしたね。 それから、 フリーランスのITエンジニアとして再出発しました。 経費を最小限に抑えたら、不思議とキャシュが回りだしたの覚えております。 マイケル・ガーバー難しいの … 続きを読む

カテゴリー: 2019, ファンダメンタルズ, 不動産投資, 心得, 書評、映画評など, 未分類, 株式投資 | タグ: , , , | コメントする

ドコモさん頑張っては、いるんだけどなぁ。 格安じゃなきゃ、サブスクリプションの集約

オペレーションに無駄多いと、 基本料金が安くならない、 キャンペーンの販促も、最終的には料金に転嫁かと。。   ネットもドコモ光なら、セットでとトーク。 うーん、基本料金がやっぱり割高に感じてしまう。 電気もガスも全て一緒ならなあ。 キャンペーンでなくても。       スマフォの液晶が朝おきたら、急に真っ暗になったので、DOCOMOショップへ急行。 お店では、最初に要件訊かれて、対処方法の提示を受ける。 一番安い修理を選択。別に機能対 … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | タグ: , | コメントする

「考えた人すごいわ」仙台店の行列を見て、小型成長株投資頑張ろう。多数派は割りに合わないを実感。

醜いアヒルの子をフト思い出いだした。 「金持ち父さん」でも引用されてたね。   不動産より、株式始めてより強く意識するようになった。 相場師は孤独を愛する。   テクニカルより、ファンダメンタルズで成長株投資の方が、より大事なことかな。 独自性の追求、ランチェスター戦略、ポジショニングとか、 裏に道あり花の山だもの。       不動産の用で仙台に行き、たまたま高級食パン専門店の行列を目にした。 https://sendai.keiza … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | コメントする

成長なき責任回避的環境に身を置くリスクを働くときは勘定に入れる。

成長株投資のバイブル。ピーター・リンチの「株で勝つ」にも、 藤野英人さんと同じことが書いてあって、驚いた。 ファンドマネージャーは面白そうな株より、失敗したとき言い訳出来る株を選ぶ。 責任回避のためのルールに縛られている。   個人投資家の優位性の話ですが、 ひふみ投信でも、 責任回避的環境に嫌気が差した若手社員が、 高給投げ売って、レオス・キャピタルワークスに転職する。 そんなエピソードがありました。      働くのが嫌というより、 … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | タグ: , , , , , | コメントする

USPは勇気の提案。一部上場企業でも経営トップしだい。 「銘柄研究」<4967 小林製薬> 

「30分以内に届かないから無料」その気になれば、ピザーラでもシェイキーズでも出来たこと。 そんなことでも独自のウリになる。 でも競合は真似しなかった、マネできるのに。 だから、USP(Unique Selling Proposition)として成立した。   ボクが思い出すのは4967 小林製薬なんだけど、  それはさておき、   真似したくないんでしょ。理念が違うから、経営はそんな勇気は持てない。 他人と違うことは、嫌われる勇気。 O … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | タグ: , , , , , , , | コメントする