投稿者「sanpome」のアーカイブ

ロールモデルに出会う。何事も損切りが肝要だった。インベスターZ読み直す。ゼロでいいマイナスは避けよう。

一年間で数十万のサービス受けるのですが、  質が悪く損切りしようと現在考えています。   一回数万円の相談も受けたのですが、  人の話の聞けない人に相談しては駄目ですね。   一回数千円のお試しセミナーは、  講師の承認欲求ダダ漏れ、ジャイアンリサイタルは苦痛。   無料のお試しでは、  論外なの多数。特に副業系はレベル低く全滅。     とまあ、 ITやビジネスまたは投資や海外生活の経験を生かして、働いてみようか、 私も無料相談から始 … 続きを読む

カテゴリー: テクニカル, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

損切思案中。 進撃の巨人レビューとエッセンシャル思考に、選ぶことを学ぶ。

お久しぶりです。 私は今、関係を切りたいサービス・人・組織があります。 ただ、損切りするとなると、結構痛い金額の損失を覚悟しなければなりません。 まだ、損失ゼロになるようにと色気が出ます。     そんな今日この頃、とても興味深いレビュー見かけました。(釣りかも?) アマゾンプライムにて、進撃の巨人シーズン2https://amzn.to/3qkmKfg  各ストーリー(回)のテーマタイトルが、稚拙すぎ。なんか、下手だなとと思っていたら … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

コブラ会に満足し、進撃のfinalのクオリティに驚愕。 年輪あるドラマと対象的に、リアルでは薄いコミュニケーションにも出会ってみる。

お久しぶりです。年明けからは、 ビジネス再起動の準備したり、ZOOMの交流会やセミナー出たりしてます。 ブログはおろそかになってしまいましたが、Netflixは観てました。   コブラ会のシーズン3を堪能し、ジムキャリーの憑依ドキュメントも観ました。 コブラ会もマン・オン・ザ・ムーンも当時の人がそのまま出ている。   そこに愛着あるかどうかで、観る側のエモーションが全く違うものですね。  アンディ・カウフマンは日本ではマイナー過ぎますが … 続きを読む

カテゴリー: 不動産投資, 働くこと, 書評、映画評など, 業者さんとの関係 | コメントする

この世のまぼろしと手際の良い映画「絶対の愛」「マン・オン・ザ・ムーン」「勝手にふるえてろ」 オリラジの見事な手際と今年一番ためになった本「信頼はなぜ裏切られるのか」/デイヴィッド・デステノ

本年中もお世話になりした。来年もよろしくお願いします。   最近は、ZOOMの活用が活発でありがたい世の中です。 オンラインの交流会とか出ると、孤独でないです。 まだまだ人間は苦手で、コミュニケーションには悩み、沈黙も怖いですが、 どうやら、 今の所エピソードは私は豊富なようなので、なんとかなります。  空気を凍らせる発言してみたり、  人の質を見極める質問してみたり、 いろんなこと試してみてます。   効用はあり、  優秀な人も居れば … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

祝「素潜り漁師マサル」生還記念。生死を分ける意思決定とは「生きてこそ」「オープンウォーター」「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」

お久しぶりです。システム系の新たな取り組みでジタバタしてました。    新人にブートキャンプで訓練も積ませず、  いきなり最前線に放り込むようなブラックな体質。   そんな環境を経験したことはあるでしょうか? 私はあります。     何で、そんな基礎的なことが、無知かつ出来ねえの?  学生サークルか。 イラついても、無意味ですね。     その仕事ぶりで頑張られても、成果につながるかなぁ。 オレもそんな頑張りを頑張った過去もある。   … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

レジリエンスは駄目でも良いとこ見つけてみる。もったいない映画「blank13」「島々清しゃ」「クワイエットルームにようこそ」

餅は餅屋。 専門なことは専門家から学ぶ。 専門家は知識も実践経験も伴った人。 知識だけの人を盲信してはいけない。 ある分野の専門家でも、専門外のことは素人以下。 守備範囲の外のことを盲信してはいけない。   ややもすると、減点主義になってしまうのですが、 良いところは良いところでちゃんと評価しないとね。 そんな経験をしました。       無料のZOOMのセミナー。「リレジエンス」がテーマで、その研修への集客が目的。 に接続してみた。 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

シバターの正論でヤフートップ、朝倉未来への同情。「われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか」/ウィリアム フォン・ヒッペル 著 進化の近未来「ガタカ」「インサイド・アウト」「エクス・マキナ」

自己認知は歪んでた方が人は幸せな生き物らしいです。 真実と太陽は直視できないとは、誰の言葉だったか。 幸せは正しい認識とも自由とも違う。    この世のことわりを知り、よき生存戦略組考えねばと思ったりします。 AIの発展に寄与する大学を作るような人はやっぱ違う。 違いを生み出す違い。     今日はリアルに、言い訳ばかりして自滅してしまう人と会話しました。  軽率な発言して、そこ指摘されたら、  撤退すべきとこまで撤退して立て直せばいい … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

朝倉未来負けた!チームのちょっとした判断が勝敗を分ける。 蛭子さんが好きな映画「サイダーハウスルール」「遊星からの物体X」「彼は秘密の女ともだち」

チームの判断と個人の選択。 自分が納得できる選び方で選びたいです。世の中は当てにならない。     それはさておき、  格闘家で勝敗予想してる人たちで、実力差あると言ってたのは、素人以下だな。   詳しいことは公式から動画出てから観ようと思いますが、 やっぱ、そんなに実力差ないんですね。 マッハ速人曰く、  運営の悪口言うとロクなことがない。  朝倉陣営は判定の有効さを読み間違えた。   実際はテイクダウンの数が判定を分ける。  なのに … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

矢地選手所属脱退らしい、誰と組むべきか手を切るべきかが運命を決める。 映画を撮る映画「キツツキと雨」「ロスト・イン・ラ・マンチャ」「地獄でなぜ悪い」  

監督のしごとは意思決定で、自分の監督は自分だから、 いい選択したいものです。勇気を出して。   前回紹介の村山シェフの本。 の中に、  三年勤め学ばんよりは、三年師を選ぶべし という諺が引用されますが、 独学より師匠が居た方がいいと、単純に解釈され、歪曲されることが多い。 有効な良い師匠を見つけることに、労力をかける方が優るとの意。   もともと、   独学vs師匠あり  良い師匠vs効果的でない師匠   と二段階で別の比較が混在してる … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

変わった経緯の映画化「迷宮カフェ」「もらとりあむタマ子」「トモダチゲーム」 内容よりも構造が重要だから、サイゼリヤで「星付き料理人」がバイトする。理由

どういう構造になってて、それが何で構成されてるのか、 成立するってことは、ただ質にこだわればいいってもんじゃない。 構成を選ぶ。 肝に銘じたいと、再確認しました。     アマゾンプライムで、もうすぐ配信切れというジャンルから選びました。 のんびりしてられないので、早足でゆきます。   初見です。設定に興味惹かれて観ました。  映画の紹介記事https://mantan-web.jp/article/20150306dog00m2000 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする