書評、映画評など」カテゴリーアーカイブ

朝倉未来負けた!チームのちょっとした判断が勝敗を分ける。 蛭子さんが好きな映画「サイダーハウスルール」「遊星からの物体X」「彼は秘密の女ともだち」

チームの判断と個人の選択。 自分が納得できる選び方で選びたいです。世の中は当てにならない。     それはさておき、  格闘家で勝敗予想してる人たちで、実力差あると言ってたのは、素人以下だな。   詳しいことは公式から動画出てから観ようと思いますが、 やっぱ、そんなに実力差ないんですね。 マッハ速人曰く、  運営の悪口言うとロクなことがない。  朝倉陣営は判定の有効さを読み間違えた。   実際はテイクダウンの数が判定を分ける。  なのに … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

矢地選手所属脱退らしい、誰と組むべきか手を切るべきかが運命を決める。 映画を撮る映画「キツツキと雨」「ロスト・イン・ラ・マンチャ」「地獄でなぜ悪い」  

監督のしごとは意思決定で、自分の監督は自分だから、 いい選択したいものです。勇気を出して。   前回紹介の村山シェフの本。 の中に、  三年勤め学ばんよりは、三年師を選ぶべし という諺が引用されますが、 独学より師匠が居た方がいいと、単純に解釈され、歪曲されることが多い。 有効な良い師匠を見つけることに、労力をかける方が優るとの意。   もともと、   独学vs師匠あり  良い師匠vs効果的でない師匠   と二段階で別の比較が混在してる … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

変わった経緯の映画化「迷宮カフェ」「もらとりあむタマ子」「トモダチゲーム」 内容よりも構造が重要だから、サイゼリヤで「星付き料理人」がバイトする。理由

どういう構造になってて、それが何で構成されてるのか、 成立するってことは、ただ質にこだわればいいってもんじゃない。 構成を選ぶ。 肝に銘じたいと、再確認しました。     アマゾンプライムで、もうすぐ配信切れというジャンルから選びました。 のんびりしてられないので、早足でゆきます。   初見です。設定に興味惹かれて観ました。  映画の紹介記事https://mantan-web.jp/article/20150306dog00m2000 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

「約束のネバーランド」実写化はアレなのか? 人は見たいものを見る存在。実写化成功例は青春王道もの限定かも「バクマン」「3月のライオン」「ちはやふる」

常に、複数の視点を用意しておくことの重用性痛感しました。   以前、小林麻耶さんがバズった件を記事にしたのですが、 大変なことになっているのですね。 ツイッターのトレンドを見て、番組内での発言で揉めたのかと、 私も連想しました。 小林麻耶夫妻のyoutubeを見た限りでは、原因は何であれ、 これはヤバいなあと。  出演させられない、  マネジメントが困難。 という状態には説得力感じてしまいました。 正直、 夫とは距離を置いて、心療内科受 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

オリラジあっちゃんのシンガポール移住は、閉鎖空間からの抜け駆け。 学園モノ「告白」「ソロモンの偽証」「桐島、部活やめるってよ」 

先日、ひょんなことからリモートの交流会参加しました。 小学校みたいでした。  ・説明やセミナーは、同時に皆で観て時間の過半を消費。(事前に各自でなく)   ・席は固定で、接点無い人と無理やり話題を探す。  ・入退室フリーでく時間は拘束されるが、必然性に乏しい。 など、 皆決められたことに従うが、目的意識に基づいていない。 あれで成果を出せた人が居るとは想像できない。  仕事でもそうですけどね。 リモートでやるなら、  せっかく同期して同 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

密室劇は会話がいのち「ヘイトフル・エイト」「ラヂオの時間」「9人の翻訳家」。 大阪都構想の議論はなぜ会話が成立しないのか?

前回、ちょっと触れた大統領選挙ですが、 もうちょっと時間かかりそうですね。 ミシガンを現職が落とすのなら、4年前の見せた希望の否決かな。 株価上昇は、ねじれるから増税だけは拒否という意味。らしい。   より期待出来ない方を落とす選挙的なこと発言したひろゆき氏。言い得て妙。 最近は彼、積極的に政治に発言してますね。   結論が先に伸びそうな選挙の前に、こないだ結論出た選挙の話題。 MCのひろゆき氏をはじめ、作り手側は、煽らずに論点を整理し … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

小林麻耶のリアルと世間というもの。胸糞な着地をどうする問題「鬼畜」「セブン」「ゲット・アウト」

ツイッターでバズってたの見かけました。 だいたひかるさん、 どうでもいいわけじゃない、深刻な決断したんですね。 「母だけの愛情じゃないですよ、この世の中」 小林麻耶さんが、 立川志らくさんの“母親いないと”発言に反論 「『母親がいない人が不幸』という言い方、私は個人的に嫌いです」https://t.co/2FXYE9yerh — ハフポスト日本版 / 会話を生み出す国際メディア (@HuffPostJapan) Octobe … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

運命のあの子と逃避行「天気の子」「俺たちに明日はない」「パーティで女の子に話しかけるには」。 あだ名禁止と期待しないし応えない生き方。 

相変わらず、だらだらアマゾンプライム観てます。 前回、「この世界の片隅に」思い出して、 でも新海誠監督の「君の名は。」の方がヒットしたんだと、連想しました。 ちょっと、、キツイかも。。。 もっと作家性に全振りした、次の作品なら大丈夫かも。   こちらも売れたけど、批判も多いらしいですね。  勇気を出して観てみました。 批判するポイント分かるけど、そこは大ヒットの前作分析して、 制作側が取捨選択した上でやってる確信犯的な部分だから、   … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

信頼出来ない語り手問題「メメント」「シャッターアイランド」「ファイトクラブ」。 炎上した幡野さん、切り返した岡田さん。

前回に引き続き、思いつくこともなく、ぼーっとアマゾンプライム観てます。 信頼出来ない語り手 信頼できない語り手の現れる語りは、普通一人称小説(ジュネットの言う「等質物語世界的」)であるが、三人称小説(同じく「異質物語世界的」)の語り手も、限られた視点からの情報を語ることなどによって信頼できない語り手となることがある[3]。読者が語り手を信頼できなくなる理由は、語り手の心の不安定さや精神疾患、強い偏見、自己欺瞞、記憶のあいまいさ、知識の欠 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など | コメントする

胸糞(と噂の)「オールド・ボーイ」観て、韓国映画と家族神話に感慨深い。「哭声/コクソン」「パラサイト」とか

あまり書くことないので、お久しぶりです。 前回の続きで、胸糞映画探してました。 白い巨塔の財前の方が潔いと感じる、イチローのようなメンタリティだと、 胸糞のポイントが違うようで、なかなか胸糞な感情が湧きません。    結局、韓国映画いくつかアマゾンプライムで観て、 カタルシスのポイントは一貫性の合理で、胸糞はダブルスタンダードだと知りました。 それと、 隣国の社会は家族神話健在なんだなぁと、感慨深く。 また、家族の情愛では心動かない自分 … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など, 未分類 | コメントする