書評、映画評など」カテゴリーアーカイブ

木村響子さんには、今度は自分を大切にして、賢く闘ってと、誹謗しつつ祈ります。

書くこと迷いましたが、そうします。 亡くなった木村花さんの母、木村響子さんアクション起こして、話題になってます。 リアリティ番組「テラスハウス」に出演し、誹謗中傷に苦しんでいた木村花さん。 娘を亡くした母・響子さん(@kimurarock)は「テレビに映ってる人がダメージを受けないわけではないし、同じ人間。もしその人が自分の友達だったら、大事な人だったらということを考えてほしい」と語ります。 pic.twitter.com/wHkq5i … 続きを読む

カテゴリー: ITの仕事, 不動産投資, 働くこと, 家族, 幸福, 書評、映画評など, 未来・天国編, 業者さんとの関係, 社会変化 | コメントする

佐久間Pに薦められて「コブラ会」観る「白い巨塔」みたいだった。 良い人は始末が悪いので、「鏡の法則」のヤバいとこ思い出す。

佐久間宣行 Netflix『コブラ会』を語る https://t.co/l2guXQbxLL (佐久間宣行)アメリカで大ヒットしてて。なんか熱くて。しかもただの続編ではなくて、なんか中年の危機とか親子関係とかいじめとか。そういう、現代的なやつも入ってる上に空手の熱さもあって。めちゃくちゃ最高なのでぜひ見てみて — みやーんZZ (@miyearnzz) September 17, 2020 youtubeでシーズン2まで全部 … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 書評、映画評など | コメントする

毒親からの相談で納得。テイカーは一生テイカー。 あと「石破さんは可哀想」について。

これ、ホントなんだろうか? 毒親からの相談文↓ スタッフが作ったんじゃないのか。 簡単な子育てに対する簡単な復讐方法https://cakes.mu/posts/31603 回答は毒親への非難が続き、最後に離婚を勧める。 まあ、普通だけど、   基本スタンスとしては、子供側の味方でありたい。 それがブレないのは、幡野さん尊敬するところです。 ただ、相談者が毒親なら、毒親になんて答えるのだろう。 と、別に考えてしまった。 不思議と、今はも … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 幸福, 書評、映画評など | コメントする

腐り芸人「曲げた以上は売れなきゃいけない」 ウメハラ「大衆ウケを甘く見るな」 山田玲司「山下達郎バカな世間との付き合い方」  

フト、シンクロしました。 前回触れた、腐り芸人セラピーTverで堪能しました。 テレビ東京「ゴッドタン」 第7回 腐り芸人セラピー #ゴッドタン #おぎやはぎ #劇団ひとり #TVer @tx_godtongue https://t.co/YDqBYrbnbK — TVer (@TVer_official) September 5, 2020 今回も面白かった。そして胸打たれました。   ちなみに続きがこうだから、腐り芸人は … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

韓国と競わなくていいよ。目指すは過去の栄光じゃない。 幸せな職場のヒントは船橋屋のBeing経営。

仰るとおりなツイートを見かけた。 K-POPは嫌いなので日本人に奮起を促す意味で呟いているわけだが、半導体・家電(スマホ・有機ELテレビ・白物家電など)・エンターテインメント(音楽・映画)等で日本は韓国に世界市場で惨敗していることは知っておくべき。嫌韓がSNSで韓国をディスって精神勝利しても一銭にもならない。 — H.S. Kim (@xcvbnm67890) September 4, 2020 しばらく前の韓国が、ソニーが … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 働くこと, 幸福, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

ルータイス式を自分に施す。 人は自分で現実を選ぶから(与党vs野党、ラーメンろたすvsコメ欄の女将さん、未来vs矢地)。 毒親も縁切って感謝できる自分になれた。

与党vs野党、ラーメンろたすvsコメ欄の女将さん。 コントラストが鮮やかです。   勝つべき人は勝つべき選択をして、負ける方もやはり現状を肯定する選択を繰り返す。 人は自分で現実を選択しているものだと、つくづく納得します。 まあ、朝倉未来vs矢地祐介でもいいんですけど。 視座って大事で、現実の捉えかたが全てとも思います。 努力は心から目指しているものを強めるだけで、 「格闘家は考えていない人が多い」https://jasonrodman … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 幸福, 書評、映画評など | コメントする

あの頃ボクはバカだった(けど勝負勘はあったかな)。ー 有能無能 × 勤勉怠惰 ー  キンコン西野の正論とそうでないとこ。 「ラーメンろたす」の衝撃。

有能な働き者、 無能な働き者、 有能な怠け者、 無能な怠け者、 どれに私は当てはまるだろうか、どれを目指すべきだろう。   無能な怠け者の解釈間違えていた。  そして、有能な怠け者を目指して生きてきました。 しかし、頑張ってしまうこともあり、すぐに無能な働き者に成ろうとします。 これだけは避けなきゃと分かっているのに。   ま、それでもココぞという時に、判断間違えなければ、御の字かなぁ。 視座の位置と認識誤ると、残酷な世界から脱出できな … 続きを読む

カテゴリー: 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

テレビがつまらない理由が「しくじり先生」セガアーケード編でよく分かる。待てない安全策と待てる佐久間P。 石破さんホントは有能だったのに。。

芸人さんたちのツッコミがことごとくトンチンカンと思うのは私だけでしょうか。 この動画最後まで見るのも不快なので、ちょっと見てやめて充分なのですが、   制作意図をなぞるだけの芸人風、面白いと思ってやってんのかな。 セガの失敗を扱うなら、何故ドリームキャストやらぬ。   奇抜すぎて空振ったアーケードゲーム茶化すだけって、ダメサラリーマンみたいな思考。 志低いね。これで電波寡占はテレビごと滅ぶよ。      当時のアーケードで6種類から選ぶ … 続きを読む

カテゴリー: 書評、映画評など, 未来・天国編, 社会変化 | コメントする

仕事はヤル気が全て。インナーワークライフへの取り組みは絶望に効くのか? 藤井聡太先生の「一局お手合わせ…」が最強。

職場の改善には、インナーワークライフへの取り組みが圧倒的に効くらしい。   昨日の続きで、退職後死にたい女性の相談読んで、 退職に至るプロセスで、絶望する決定的な出来事あったんじゃないかと推測。 単なる自己投影かもしれないけど、単にお金稼げないから死にたいは不自然過ぎる。   まあ、仕事に対する虚無感は結構キツイもんで、 家庭とか、特に他に目的もなければ、人生に絶望させる程度にはインパクトあります。 で、これもクヨクヨと反芻が起こるもの … 続きを読む

カテゴリー: 2019, 働くこと, 書評、映画評など | コメントする

岸田政調会長「党員投票が望ましい」で目的論思い出した。 「稼げてない、お金ないから死にたい」は本当は別の理由あるんじゃないかと。

居酒屋でテレビ写ってて、テレビは盛んに党員投票を押してました。 岸田さんや石破さんの支持なのか。やはり。 (別に岸田さんの主張が悪いとは思ってないが、)   あっと、この時ひらめきました。 「稼げてない、お金ないから死にたい」は本当は別の理由あるんじゃないかと。   幡野さんの悩み相談今回素晴らしかったなあ。  生きたいのか死にたいのか、本当はどっちなのか考えたほうがいいhttps://cakes.mu/posts/31478 相談文に … 続きを読む

カテゴリー: 家族, 幸福, 書評、映画評など | コメントする