亡者や蒙昧に関わることなく、セミナーから学びたい!

9月は暇もあり、セミナーにいくつか出席しました。   3千円の不動産のも、参加したのですが、 集客が主たる目的なら、それは無料でやってよ。という個人の感想です。   スルガスキームの被害者の実態を聞けたのは、やや新情報ですが、 現地調査せずに買い付け入れるとか、 そもそも、ボクには無理な芸当なので、 参考にはならなかったですね。      動線的には、  無知から不動産投資に失敗した例   ↓  良い相談役を得ましょう。   ↓  私達 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ネガティブな感情で他人を支配しようとする人に関わったら逃げよう

コンサル・カウンセラの資質(教師と違う)無いのに自分でやる一人社長。 って、昨日書いたのですが、 何故か、不快な感情が離れない。 その方を仮にスキマさんと呼びましょう。 「何でスキマさんが未だに不快なのだろうか?」-問1 という質問を自分に投げてみたのですが、 はっきりわからなかったのでノートに書いてみることにしました。     そもそも、スキマさんのサービス利用するよりは、 ノート術使って、自分でやりたいこと見つめ直すべきだよな。 っ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

社長の生い立ちから調べるファンダメンタルズ投資

低迷してる会社の、経営変わって、業績回復の兆しが見えたら株買ってみたい。 今からでは遅いけど例えば日本マクドナルドみたいに。   テクニカルよりもまだまだ、これからなのですが、 企業分析で現物株買ってみたい。   何か取っ掛かりないかなと、 先日、角山先生のセミナー出たのですが、 「経営者分析はどの程度されるのですか?」と質問したところ、 「生い立ちから調べる」とのお答え。 予想を大幅に上回る回答でした。 ああ、やっぱり重視してんだな。 … 続きを読む

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 | コメントする

1000:100:10:3:1の法則と選ぶ基準のストライクゾーン

1000:100:10:3:1の法則とは?  1000軒の物件情報を抽出して、  100軒を見て、  10軒に買付を入れ、  3軒に融資通し、  1軒を買う。 でしたっけ。 曰く、不動産は数のゲーム。 ま、仰るとおりですが、 ここで大事なのは、ストライクゾーンの明確化。 一貫性なく、目移りしながら場数だけこなしても、あんま上達しません。   どんな条件の物件ならやるのか、 買付通って、さらに融資(使うなら)も通ったなら、必ず買うストライ … 続きを読む

カテゴリー: 不動産投資, 物件調査 | タグ: | コメントする

日足でトレードする人は寄りと引け、どちらで入るべきか?

この記事は2019.10.09 朝6時ごろ書いてます。 つれづれなるまま日暮らししてると、 どしてもニューヨーク時間で起きてしまします。 やっぱ気になって。    昨日の夕方から値動き激しくなりました。 材料は  米中協議がダメそうだからか、  トランプ大統領がクルド人のはしご外して戦争リスク高まったからか、 どちらか私には分かりませんが、とにかく株もドルの下げ始めました。 その後、持ち直しつつあったのですが、 成長持続へ適切に行動、保 … 続きを読む

カテゴリー: テクニカル | コメントする

ボクは投資で救われた、エンジニアで救われない理由。 細谷功<会社の老化は止められない>が解説。

今って子供のプログラミング塾とか、プログラミングが必須科目とか、 そんな時代なんですね。 なんでですかね? そのうちAI自身がプログラミングしそうだし、 ごく一部の超優秀な人材以外、必要なくなる気がしますけどね。 ああ、指示待ちで一番AIに取って代わられそうな人ほど、 他者の仕事がAIでとか、言いやすいので、いかんですね。 自分の頭のハエ追わなきゃ。 でも、 ロボットみたい働いてる人はなんで自分の仕事振り返らないんでしょうか? いや、 … 続きを読む

カテゴリー: 2019, ファンダメンタルズ, 書評、映画評など, 株式投資 | コメントする

セミナーの内容に比べ、なぜ営業トークはレベルが低いのか?

謎が解けました。 も一度書きます。   セミナーの内容に比べ、なぜ営業トークはレベルが低いのか? 不動産に限らず、別ジャンルでも。   ずっと不思議だったんですよ。ようやく分かりました。     セミナーから個別相談に持ち込んで、バックエンド商品を売る。 まあ、マーケティングファネルというか、顧客動線というか、 定番ですよね。 こういうやつ。   その途中のどこかで(複数の箇所)顧客の選別が行われています。 もちろん良心的なのもあります … 続きを読む

カテゴリー: セミナー、勉強, 不動産投資 | コメントする

書評<「ザ・マネーゲーム」から脱出する法>の欠落と信じるものは脳科学でもスピリチュアルでも救われる。

ふと気になって、ロバート・シャインフェルド読みました。 著者は結局「ザ・マネーゲーム」からは脱出できなかったらしく、 巨万の富を築いた後、 離婚、うつ病、破産、白内障手術失敗など、 正負の法則ロイヤルストレートフラッシュみたいな技を食らったらしいです。   読んでみて、その理由もよくわかります。   で、その前に、 信じるものは脳科学でもスピリチュアルでも救われる。 という話。 脳科学的にはどんなにデタラメな宗教でも、 本気で信じていれ … 続きを読む

カテゴリー: 2019, 幸福, 書評、映画評など | タグ: | コメントする

雇用統計予想下回るも、驚くほどは悪くない。

ま、今日は注目の雇用統計ですから、この話題避けられませんね。 予想を下回ると言われてますが、 「ああ、その程度で済んだんだ。」って感触じゃないでしょうか。 ドル円もNYダウも一旦どんと上に。 日本株考えるに、ここはドル円の情報が一番信用して重視してます。 今一時前くらいですが、一旦上いって、押し目がどの辺かというところ。 当面106円台で推移しそうな感触があります。      目利きはここで買い入れられるのかな。 ちょっと手を出しにくい … 続きを読む

カテゴリー: テクニカル, 株式投資 | タグ: | コメントする

勉強になるということ。 高田資産コンサルさんと一致して、ちょっとうれしい。 

浮島(離れ小島)について、同じように言及されてます。 ボクのブログの方が先です(えっへん)。   ま、実はそんなに自慢するようなことじゃなく、 表現は違えど、トレーダーは意識してましたね。   一旦、長期線でサポートです。 軒並み数字悪そうですが、雇用統計までは、  待つべきか、  先に動くべきか、 それはなんとも分かりません。       金融当局の利下げが先手か後手か、という判断基準はとても勉強になります。 あ、何ももらってないっす … 続きを読む

カテゴリー: テクニカル, 株式投資 | コメントする