今は空売りできます。 営業も相場も歯を食いしばることあり。<株入門2018>

今日も出先、今後のビジネス展開的に繋がらないなぁ。 そう思ったら、歯をくいしばって断ろう。   今は空売りできます。 でも、というか、だから、飛び乗りはできません。       [2018.08.07] 昨日の夜は、先物下げそうなところ踏ん張りました。 ドル円は120円台に戻ることはなさそうなのに、ダウは小反発。   東京開けて前場はっきりしませんでしたが、 後場は前日高値越えて来ました。   そのタイミングで、建玉調整しました。 で、 … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

寄り成りで、入れますか? やっぱ指値かな<株入門2018>

今日は出先のカフェから更新。 カフェからでもオーダーは出せますが、 場中見れないときに、 寄り成りで、入れますか?   立花義正先生は、寄りで、成り行きで注文出せとおっしゃいますが、     ちょっとまだ勇気が無いです。 寄りの落ち着かない数十分だけでも見たい。   ダメなら、前日夜にシナリオを複数用意して、 朝、先物終わったあとと、 当てにならない寄り前の板見て、指値かな。   「2018.08.06」 前場が陽、後場が陰と、 前日の … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

適切な対象者に断れない提案 からのペルソナ 40の君へ <書評、マーケティング、セールス>

ITの仕事を再開するにあたり、 考え直さなければいけない。いけなかったこと。   適切な対象者 とは誰なのか? 断れない提案 とはどんな提案か?     質問の質が人生の質なので、今年7月、脳にその質問を出した。 「ウインド・リバー」観て、ポジショニングってペルソナだとヒントを貰い、   IT産業に見切りをつけ日本を脱出した、 リーマンショック前夜の頃の40のワタクシに手紙を書くことにした。       最初は、セールスについても調べて … 続きを読む

カテゴリー: 2018, 書評、映画評など | コメントする

「ウインド・リバー」 社会派ミステリー? ネオ西部劇? 弱肉強食な人間讃歌か? 現実は適者生存だけど、<映画評>

このバランスをどう評価するか、 ワタクシは上手に処理したと拍手7割、食い足りなさ3割くらいの割合。 とりあえず、 観て損はないです。 このクソ暑い夏をひととき忘れるには最高。(でも暑いほうがまし)   有楽町に出る用あったので、タイミングよく観れた。 評判良いので観たかった。       これも口コミで売れた映画。去年の夏アメリカで。 新人監督が小さく公開して、口コミで大ヒット。 このパターン増えてます。   監督、脚本、キャスティング … 続きを読む

カテゴリー: 2018, 書評、映画評など | コメントする

待ち伏せと飛び乗り 人材採用にも似てる <株入門2018>

ボラタリティ高い今日このごろ、 飛びつかないように、ゆっくり動くを肝に銘じます。   ところで、 飛び乗りのイージーさは、「オラクルできますか?」に似てる。       「2018.08.03」 やはり寄りは上で始まりました。 昨日の引けでウネウネしてましたので、 明け方の先物の流れを引き継いだ動きでした。   その後は戻ってきて、日足長期線あたりを意識してるのでしょうか。   私は保険のつなぎをややブサイクに、プラスのところで解消しま … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

反応しすぎず本質を見極める。 本末転倒のITのフレームワーク トレードの方が精神的にラク <株入門2018>

「現象」の反対語が、「本質」だそうです。   トレードでは両方大事ですよね。   本線のシナリオを「本質」。 ボラタリティを「現象」みたいなもんでしょうかね。       「2018.08.02」 昨日の夜中、気になってしまって、 ドル円チャートが下がってくるとこ、なんとはなしに眺めてしまいました。 売買もしていないのに。   FOMC据え置きですが、 久しぶりにアメリカの数字悪く、貿易戦争の影響出始めているようです。 25%関税という … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

今日は焦ってしまいました。ゆっくりでいいのに、 瞑想すればよかった。<株入門2018>

今日はもっとゆっくりでいい。様子見でもいい。 反省しきりです。 取り掛かる前に、瞑想しよう。     「2018.08.01」 あーやっぱ上行くのか。。 後場、前の高値超えて来たのは意外でした。 ドルが強いということでしょうか。   最後は、前の高値を意識して、やや戻って来ますが。 ドル強いですね。     まあ、 日銀会合前にすべて手仕舞うという判断しなかったのですから、 こういうこともあります。     今日は個人的な判断もチグハグ … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

日銀会合13時発表より12分で500円幅。こんな日も「根玉と余力」で対応。でも反転するかも。<株入門2018>

今日は3分足でも観ていました。 「根玉と余力」で乱高下に対応しました。 まだ売り本線だと思ってますが、調整必要かもしません。   「2018.07.31」 13時とんでもない変動が始まりました。 一発目は上げたあとすぐリバンドしたので、ボラだけかと思いましたが、 その後本格的に急騰します。   前日終値で一息つくと、思いきや、 その後、前の高値を目指しました。流石に昨日を否定するまでには至らず、 そこで勢いは止まりました。   その後は … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

本線変わらず、短い時間軸で逆のトレンドのとき、コストダウンのつなぎ <株入門2018>

コストダウンのつなぎ。 ワタクシは勝手に、副業のつなぎとも呼んでいます。 いままで、意味が体感できてませんでした。 今日ようやく、実感しました。 ていうか、先週その技、使うべきでした。これからはそうします。   「2018.07.30」 チャート的にも、週末からの材料からも、 下落は予想しますが、問題はその幅ですね。   先週金曜日の安値あたりを意識するのかと、 日足の5日線を割り込んだので、あんま上に行くことはないだろうと、 個人的に … 続きを読む

カテゴリー: 2018株入門, 株式投資 | コメントする

バーフバリ 圧倒的なインドの時代。今更に全編鑑賞。 神話だから統治機能よりとりあえず人気。やっぱ組織って人事だね。 <映画評>

最初に考えたのは、 5年後、帰還するときタイはどうなっているだろうか。という個人的事情。 人気と統治機能はまた別だけどなぁ。 ああいう国だと人気が圧倒的に大事なのか、モディ首相は農村部の支持固いらしい。   モディ首相が田中角栄なら、 「バーフバリ」は日本映画における「七人の侍」。 どの国にも、そういう時期はあります。 インド20代、中国40代後半、日本70代くらいでしょうか。   英雄伝説は大体どこでも一緒だけど、 本来は頼朝になるべ … 続きを読む

カテゴリー: 2018, 書評、映画評など | コメントする