インドからも脱出

[2015.04.05]
バングラデシュからコルカタに戻ってからも、いろいろあった、
ともかくも、4月5日に脱出成功。バンコクに戻る。
バングラはまた行ってもいいと思う。
 
インドはもういいかな。
もし行くことになってしまったら、WIFI使えるやや高い目の宿に泊まろう。
「交流」が目的な可能性はゼロなのだから。
 
 
 
手持ちのルピーを使いきろうなどとケチな考えを持ったのが間違いのもと。
せめて高級な宿に泊まり、短期で使い切るべきだった。
精神的にも苦痛で、体調も崩し、
寝込んで長く居ることにもなってしまった。普通では体験出来ない事件にも出くわした。
 
ま、おかげで、コミットメントとは何か、再考させていただけたが。
 
 
 
体調も回復し、宿での事件も収束しつつあり、
ネットでインディゴエアのチケットを確保。
夕方コルカタ発で、真夜中にバンコク着。
 
最後にマザーハウスで半日ボランティアして、翌日は帰るだけとした。
 
宿で最後の昼飯を終えて、
バスターミナル、エスプラネードまで行く。空港行きのバスがあるという。
 
交差点で、エアポートと連呼して行き方聞くと、「30B」に乗れと教わる。
10rs。もっと高くてエアコンバスのはずなんだが、イメージと違う。

 
慣れ親しんだAJC Bose通りに再び出て、バスは進む。

コルカタは選挙間近。
 
ココらへんからは知らない場所、長かったが、これでお別れ。 

インドと言えばフェアトレードのことフト思い出す。
働かせないは、働けないでもあり、不幸な人の人生はそれで好転したのだろうか。
善意と効果の間には相関性は低いかと、経験に照らしあわせて回帰直線をイメージする。
 
 
 
などと、ボーとしてたら、
豪雨。ときどきヒョウに変わったりもした。
窓のスキマから天井から雨漏り、床も小川のよう。PC濡らさないように避けながら席移動。

空港へはリムジンバスで行けると聞いた、なんかイメージと違う。
 
 
 
2時間弱は乗っていたかと思う。
空港脇の道路で、ココだと車掌さんに言われる。
道路渡ると、空港の敷地内だが、随分と遠い。
https://lh5.googleusercontent.com/-nkFNriNpX_8/VW15hnceyhI/AAAAAAAADi8/WRd5IC4wBhw/w769-h577-no/IMG_5187.JPG width=400 height=350 />
バスは空港行きのはずだが、なんかイメージと違う。
 
貨物行きの方行ったり、大変迷ってしまった。
素直にTerminal2という看板に従って、延々歩くのが正解。

空港内にお寺あるのか、動かしてはいけない鳥居みたいなものかな。
 
この寺院過ぎれば、空港はすぐ。
リムジンバスのターミナルを右に曲がれば新しい施設。
入り口が何処か分からず、戸惑ったが、一番右まで歩いて、エスカレータを登る。
暫く待って、インディゴエアーのチェックインがオープン。
支払いカードの確認を求められたが、スムーズ。 
 
手続き済まして、パスポートコントロールへ。
 
 
 
運悪く、係員は上級職なおじさん。
新聞読んで、出国者を待っていた。
 
なんかいろいろ尋問される。
旅のルートやインドでの過ごしかた。
マザーハウスが通じない。
 
マザーテレサでボランティアしてた。
宿はサンタナというゲストハウス。
バングラには行って来たけど、インド観光はほとんどしてない。
ボランティアしてた。
 
しつこく訊かれて、答えた。
しかも、途中、
部下が他の出国者の手続きの仕方何度も聞きに来て、尋問は中断される。
 
 
出国するのに、何の意味あるのか不明だが、
インドは最後までインドだった。
 
 
空港もエアーサイドに来て、ラウンジに退避。
ラウンジのレベル高く。インドでなく、国際標準だった。
ビールものみ、トマトソースパスタとカレー食す。油っこくない。
満腹でスムーズに離陸。
爆睡し、気づけばもうタイ。
 
スワンナプームで朝を待ち、カオサンに早朝チェックイン。 
帰ってこれて本当に良かった。

質問コーナー、お問い合わせは、sanpome.net@gmail.com まで。
メルマガ 三歩目の不動産投資で海外移住。





無料メルマガ インフォマグ


社会・経済ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: ベンガルの旅2015初頭 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*