社長の生い立ちから調べるファンダメンタルズ投資

低迷してる会社の、経営変わって、業績回復の兆しが見えたら株買ってみたい。
今からでは遅いけど例えば日本マクドナルドみたいに。
 
テクニカルよりもまだまだ、これからなのですが、
企業分析で現物株買ってみたい。
 
何か取っ掛かりないかなと、
先日、角山先生のセミナー出たのですが、
「経営者分析はどの程度されるのですか?」と質問したところ、
「生い立ちから調べる」とのお答え。

予想を大幅に上回る回答でした。
ああ、やっぱり重視してんだな。
 

ファンダメンタルズなら、小型株で夢も見てみたいものですけど、
中小なら特に。会社って、経営者の考え方や実力がそのまま出ますから。
 
いろんな職場見てきましたから、
それはよく分かります。
 
私、足腰弱い会社は嫌いみたいです。
急成長しても、短命そうで。
 
 
最近、
 マーケティングは異常に凄いけど、それ以外はからっきしな会社。
 コンサル・カウンセラの資質(教師と違う)無いのに自分でやる一人社長。
 
などに触れて、大変興味深い経験をしました。
 
自分の苦手な分野の優秀な人材雇えてかつ、逃げられないかどうか、
「吾より優れたるもの周りに置きし者ここに眠る。」と墓に刻んだのは鉄鋼王でしたか。

湖池屋みたいに、商品も刷新して回復するといいですよね。
マクドナルドも、原田泳幸さんとカサノバさんでは、改革自体は変わらないけど、
人望が違うみたいな話は聞きますものね。

残念なことに、経営変わんないと、そりゃ無理って経験ばかり私は。 
だからこそ、その違いは痛いほどよくわかる。

雇った人のリソースを最大化するのがマネジメントの仕事。
現物株はいい経営者に投資したい。
 
サラリーマンだと、そんな資質無くてかつ勉強もしてないのに、
出世するとプレイヤーからマネージャに変わっちゃうの、
ほんとに生産性を毀損するシステム。そろそろ終わるかな。

「人の成長に関われる」っていい言葉ですね。 

人の運命に関わるのオレはもう怖くて雇うくらいならアウトソースしたいけど、
だからこそ、いい社長さんに投資したいですね。
 
直近悪い例をまた見たので、良い投資したいという思いを新たにしました。

では。
 

カテゴリー: ファンダメンタルズ, 株式投資 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*